医療法人 鸞翔会 理事長
鶴田祥平

開業に至った背景を教えてください。

歯科医師国家試験合格後、患者さんと最前線で接することができる臨床家の道を目標にしました。ある特定の分野のみに特化する「専門医」としてではなく、矯正・補綴・外科・インプラント・エンド・マイクロスコープ・ペリオ・予防歯科の総合的に患者さんをサポートできる「オールラウンダー」の歯科医師を目指しました。研修医から学ぶ臨床研修施設もオールラウンダー歯科医師のスキルを最短で習得できるような場を選び、卒後5年ほどは新鮮なことも多く、たくさん学ぶことができましたが、それ以降は自分の目指す総合歯科医師像には環境が物足りなくなり、より高い臨床を目指す場を探しました。しかし、納得できる勤務先はなく、誰かに環境を与えられることを望むのではなく、自分の理想の環境は自分で作れば良いではないかという結論に致り開業することにしました。

学べる環境を大切にされている印象がありますが、どのような環境ですか。

マイクロスコープが5台完備されており、勤務している歯科医師・歯科衛生士が自由に臨床で使用できる環境です。ルーペにはない、拡大下での治療やメインテナンスを習得していただけます。根管治療も必ずラバーダムを用いることができ、歯牙保存の可能性を体感いただけます。またインビザライン の患者も多く、最新のiTero element 5Dというオーラルスキャナーがあり、インビザライン 矯正の最先端を体感していただけます。予防歯科においてはCAMBRAシステムを導入しており、メインテナンス患者様にはカリエスフリーの環境を学んでいただけます。治療から予防歯科まで最先端の設備と技術が学べます。また常勤歯科医師・常勤衛生士には講習会費用を全額負担して研修支援を行なっております。

働く満足度が高いと噂ですが、
工夫されていることはありますか。

歯科衛生士・歯科医師ともに興味のある分野は各個人により異なりますので、一人一人が何に興味があり臨床に臨むのかのヒアリングを重視します。現在勤務のスタッフも、マイクロスコープ・矯正・予防歯科など、興味のある分野は様々です。またヒアリングの際に、休みの取り方・働き方も同時に確認し、各個人にあった勤務プランをできる限り作成します。どこに行くにも空いている平日休みを希望する方、家族との時間のために日曜休みを重視する方、連勤になっても連休にして旅行に行きたい方、一人一人様々な希望がありますので、各自にあった働き方を提案できるように努めています。

今後の働き方で先生が
大切にしていきたいことは何ですか。

働く上で特に重要になるのが、その医院でどのように成長できるかと、休みをどのように取れるかの、オンとオフのバランスかと思います。もちろん休日数が増えれば単純に考えるとクリニックにとっては売り上げが下がりますが、休みを満喫できる環境で、仕事の時は純粋に興味ある分野の成長に特化できれば、長い目で見ればスタッフ定着率が向上し、売り上げも上昇、設備投資も可・給与のアップと正の循環が生まれます。働き方の多様化が進む昨今、各個人の希望に合わせた働き方の提案と、個人を応援する風土そして休みを取りやすい環境整備を目指します。

当院は担当医・担当衛生士制で、ご自身の担当列を持って頂きます。そのため、ダイレクトに患者様と接することができ、行った処置に対する患者様のリアクションや口腔内の改善を見ることができます。そこから多くのことを学ぶことができ、また仕事のやりがいに直結すると思います。皆さんはアシスト業務をするために国家資格を取られたわけではありません。いち歯科医師、またいち歯科衛生士として、患者様の口腔内から人生の幸せのお手伝いをすることに最善の努力をすることこそが、目指されている医療者像でしょう。現在の技術の進化のスピードは想像以上に早く10年もすれば別世界になっています。当院は他の歯科医院と比べ、最善最先端の技術と設備の追求に重点をおいております。それは、より患者様に負担をかけずに、よりベストな結果にコミットすることを追求しているためです。当院で一緒に、患者様の笑顔のために全力を尽くしませんか。人生のターニングポイントとなる歯科を一緒に目指しましょう。